ゴルフスウィング上達の秘訣


FC2 アフィリエイト


プロフィール

ribar

Author:ribar
愛するもの それはゴルフ



にほんブログ村 ゴルフブログへ



カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近のトラックバック


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:レッスン書
元研修生 現在クラフトマンの
 倉木真二さんのゴルフ講座を、紹介します。

 「ドライバー飛距離を伸ばす為には、 ボール初速の速くなるスイングをする必要がある」

  「ボール初速を速くする具体的な方法」

 ヘッドスピードを上げなくとも、ボール初速を速くするだけで 飛距離を伸ばす事は可能で  す。

 10ヤード、20ヤード伸ばす事は本当に簡単なのです。

 過去には、1か月で 50ヤードも伸ばした方もいました。

 「そんな大げさな!」 そうお思いかもしれませんが、私は事実を述べているだけです。

 決して、誇張はありません。

 飛距離を伸ばす上で 非常に重要な話になりますので、一つ一つ理解しながら、
 じっくりと読み進めてみて下さい。

 では、ボール初速を速くして飛距離を伸ばす方法を説明して行きます。

 結論から言います。

 ボール初速を速くする方法。

 それは、 「インパクト時のボールとクラブフェースの接触時間を長くする」事です。

 インパクト時に、長い時間フェース面にボールが乗っている程、ボール初速が速くなるの です。

 フェース面に長い時間ボールが乗っていれば、クラブヘッドのエネルギーを効率良くボール に伝える事が出来るのです。

 その結果としてボール初速が速くなり、さほど速くクラブを振らなくても、体力が無くても
 飛距離を出す事が可能となります。

 これが、俗に言う  「ボールがつかまった状態」 です。

 「ボールが捕まった=フェース面に、ボールが長い時間乗る」 と言えます。

 しかしながら、アマチュアゴルファーの実に9割がフェース面とボールの接触時間の長いイ ンパクトが出来ていないのです。

 9割のゴルファーがボール初速をロスし、飛距離ロスしています。

 実にもったいないことをしているのです。

 これは私が現場で数多くのゴルファーを見て来たので経験から実感しています。

 皆さんがその9割に入っているかどうかは分りませんが、もしその9割に入っているのでしたら これから説明する方法で飛距離を伸ばす事が可能になります。

 では、どうすれば
 ボールがフェース面に乗るインパクトを作り出し、ボール初速を速め、飛距離を伸ばす事が  出来るのか。

 ここが最も重要なポイントですので、是非覚えておいて下さい。

 ボール初速を速めるために、最も重要な事。

 それは、 「クラブヘッドを加速させながらインパクトする」事なのです。
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
  この言葉は、皆さんも聞いた事はあるかもしれません。

 しかし、深い意味について具体的に説明されている情報は非常に少ない、あまり見た事が無いように思います。

 「とにかく、ヘッドを加速させながらインパクトすれば飛距離は伸びる!」 としか記載されておらず、

 その具体的な理由や どうすればヘッドを加速させながらインパクト出来るのか、
 と言った部分までは説明がされていない事が殆どだと思います。

 なぜ、ヘッドを加速させながらインパクトする事でボール初速を速くすることが出来るのか。

 どうすればクラブヘッドを加速させながらインパクト出来るのか。

 その具体的な理由、具体的なスイングの方法については
 次回の講座で説明して行きたいと思います。

 倉木 真二

  驚異のゴルフ上達法  右上バナーをクリック!

 ・倉木さんのブログはこちらです

  →元研修生のクラフトマン日記 
 
 皆さんの悩みの解決法が書いてあるかもしれませんよ。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |

copyright © ゴルフとゴルフとゴルフ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。