ゴルフスウィング上達の秘訣


FC2 アフィリエイト


プロフィール

ribar

Author:ribar
愛するもの それはゴルフ



にほんブログ村 ゴルフブログへ



カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近のトラックバック


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:レッスン書
こんにちは
元研修生でクラフトマン、倉木真二さんのゴルフ講座を紹介します。

 今回は、テークバックからトップまでの注意点です。

 まずテークバックで注意する点としては、「少し早目に右肘をたたみ始める」事です。

 何故かと言いますと、右肘をつっぱらせたままテークバックしてしまうと、トップが高くなり過ぎてしまい、タメを作りにくくなってしまうからです。

 別に高いトップが悪いと言っている訳では無いのですが、トップの位置が高いと、どうしても手から降ろしやすくなってしまいます。

 つまり、手打ちになりやすくなってしまうのです。
 トップでの手の位置が高いので、一旦右脇に降ろしてタメを作る動作が難しくなってしまうのです。

 プロ、上級者であれば、上手くクラブを降ろすことが出来るので問題は無いのですが、元々タメが上手く作れない方の場合は、あまり高いトップにする事はオススメ出来ません。

 その為には、
 テークバックの早い段階で右肘をたたみ始めることで無闇に高いトップになる事を防止する必要が有ります。

 また、同時に肩もしっかり入るようになります。
 逆に手の位置が高いトップでは、肩が入り難いと言う特徴も有ります。

 こんな風に説明すると、高いトップがまるでダメ、と言った印象を持ってしまうかもしれませんが、 決してそんな事はありません。

 先程も説明したように、プロや上級者であれば上手く降ろす事が出来ますが、タメが元々出来ていない方であれば、高すぎるトップはオススメできない、と言う事です。

  この時下半身の動きで注意していただきたいことは ただ1点。

 「右足の土踏まずに体重を乗せたまま 右足に体重を乗せていく」 と言う事です。

 サラッと書きましたが、これは「超」重要な事です。

 右足の土踏まずに体重が乗っていれば、どれだけ右足に体重を乗せても 右腰が逃げる事がないのです。                              
 つまり、エネルギーロスがないので 安定したトップを作る事が出来ます。

 右足の土踏まずに体重を乗せていれば、どれだけ体重を乗せても右腰が逃げる事はない。
 覚えておいて下さい。

j次回は、切り返しについて

  驚異のゴルフ上達法右上をクリック

  ・倉木さんのブログはこちら">こちらです
  
   悩みの解決法が書いてあるかもしれません
スポンサーサイト
| BLOG TOP |

copyright © ゴルフとゴルフとゴルフ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。