ゴルフスウィング上達の秘訣


FC2 アフィリエイト


プロフィール

ribar

Author:ribar
愛するもの それはゴルフ



にほんブログ村 ゴルフブログへ



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のトラックバック


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
こんにちは、
元研修生、クラフトマンの
倉木さんのゴルフ講座を紹介します。

前回は

どうすれば
 ヘッドを加速させながらのインパクトを作り出して、飛距離を伸ばす事が出来るのか?

  「下半身リードで切り返し、右肘を一旦絞る」 絞った右肘を、右脇に付けるようにしてクラブを降ろしてきます。その際に、肩が開かないように注意して、下半身と、上半身に捻転差を作り出す。

 「タメ」について、お話しました。

今回は、その 「タメ」が、なぜ大事なのかについてお話したいと思います。

 下半身を先に回転させないと、 タメを作って打つ事が出来ない。

 また、
 インパクトの形と言うのは、肩、胸、腰、ひざのラインが同じ方向になりません。

 インパクトの形は、ひざ、腰、肩の順に開く度合いが大きくなります。

 つまり、下半身ほど先に回転する形となるのです。

 野球に興味があれば分かりやすいのですが、野球の投手のアンダースローの動きと ゴルフのスイングは非常に似ています。

  足を踏み込み、腰が回転し、その後に腕がついてきて最後に手首のスナップを効かせますよね。

 この動きと、ゴルフスイングは非常に近いです。

 野球の投球で、腰、肩が平行なまま投げては全くといって良いほど球威が生まれませんよね。

 手で投げている状態です。
 ゴルフの手打ちとは、この状態と同じなのです。
 
 そして、ここからが最も重要な説明になります。

 右肘を絞ってタメを作ることにより、クラブヘッドが走らないまま脇まで降りてきます。
 そして、脇腹までタメを作ったら後は一気にタメとコックを開放し、ヘッドを加速させます。

 脇腹までヘッドを降ろす事無く(厳密には降りているが)タメているので、ヘッドが加速し始めるポイントが若干遅れます。

 そうする事で

 クラブヘッド減速すること無く、加速しながらインパクトする事が出来、ボール初速の速い弾道を打ち、最大飛距離を出す事が出来るのです。
 この「タメ」や「下半身リード」については結構聞いた事があるかも知れませんね。

 しかし、何故タメを作らなければならないのか、何故下半身リードが必要なのか、その具体的な理由を説明している情報は少ないのではないでしょうか。

 先程説明したような 具体的な理由を知りながら練習を行なうのと、 全く本質的な意味が理解出来ていない状態で練習するのとでは、雲泥の差となります。

 本当に、知ったようなつもりで練習しても、身に付くまでには非常に時間が掛かります。

 しかし、理論を理解してから練習すると、効率良く上達できます。

 下半身リードはタメを作る為に、タメはヘッドを加速させながらインパクトし、 エネルギー伝達効率を良くしてボール初速を速め、飛距離を出す為に行なう、と言う事です。

 「フォローまで振り切れ!」 と言うのは、

 加速しながらのインパクトを作り出す為に言われた荒っぽい、表面的な表現です。

 実際、「フォローまで振り切れ!」などと言ったところで、本質的な意味は、まず理解出来ないと思います。

 それは、表現方法や指導、言葉があまりに表面的で、曖昧だからです。

 間違った事を言っているわけでは無いのですが、それでは効果は上がらないのです。

 この「タメ」をうまく作り、効率良く飛距離を出しているゴルファーは、実に1割弱程度しかいません。

 みなさんがその1割弱に入っているかどうかは、私には分かりません。

 しかし、一度マスターしてしまえば、そうそう忘れることは有りませんし、きついトレーニングを行なわなくとも飛距離を伸ばす事が出来るのです。

 本当に、大袈裟な話しではなくて今までタメが出来ていなかったゴルファーが、タメを作れるようになると、20ヤード、30ヤードと、飛距離が伸びてしまうのです。

 決して、大袈裟な話しでは有りません。

 私の膨大な経験上の事実を述べているだけなのです。

 効率良く飛距離を出す為にはボール初速を速める必要がある。

 ボール初速を速る為には、クラブヘッドを加速させながらインパクトし、クラブヘッドのエネルギーを効率良くボールに上手く伝える必要がある。

 その為には、トップからの切り返しで「タメ」を作り、ヘッドを加速させながらインパクトする必要がある。

 ただ、それだけの話しなのです。

 こう言った事は、インパクト時のクラブヘッドとボールの関係を理解しているので、説明することが出来るのです。

 結局、ゴルフスイングは

 「インパクト時にクラブヘッドがボールにどう当たるか」に尽きるのです。

 正しい当て方をすれば、飛距離も出ますし、方向も良くなるのです。

 クラブヘッドを正しくボールに当てる為に体をどう動かせばよいのか、と言う話なのです。


  次回は
 タメの作りやすい=飛距離の出るスイングを身に付ける為に
 注意しなければならないアドレスの取り方や
 構え方、テークバックの仕方、
 フォローの取り方などを具体的に説明して行きます。
 
 倉木

 驚異のゴルフ上達法">
 
・倉木さんのブログはこちらです

  http://golfjyoutatu.seesaa.net/
  みなさんの悩みの解決法が書いてあるかもしれませんよ。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゴルフとゴルフとゴルフ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。