ゴルフスウィング上達の秘訣


FC2 アフィリエイト


プロフィール

ribar

Author:ribar
愛するもの それはゴルフ



にほんブログ村 ゴルフブログへ



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のトラックバック


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:レッスン書
こんにちは、
 元研修生でクラフトマンの倉木さんのレッスン講座を紹介します。

 今回は、切り返しの説明です。

  切り返しでの注意点は、以前の上達講座でもお話ししましたが、再度カンタンに説明して行きます。

 切り返しでの注意点は、「ヘッドを直ぐに振り下ろさない事」です。

 ヘッドを直ぐに降ろしてしまうと、インパクト前にヘッドスピードが最大になってしまう為に減速しながらインパクトしてしまいますので、ボール初速が遅くなり、飛距離が出なくなってしまいます。 俗に言う手打ちですね、切り返しでは直ぐにヘッドは降ろさないで、一旦右肘を絞り、タメを作る。

 そして、下半身から切り返して行く。
  野球のアンダースローの様に、下半身が先行する事で腕の振りをスムースにする、と言う事と同じイメージです。

 これが、重要な動きとなります。

 最後、インパクトからフォローにかけては「長時間、ボールを押し続ける」 イメージで振り抜いてください。

  この動作が飛距離を出す上で最も重要な要素になります。

 こうすることで、クラブヘッドのエネルギーがボールへ効率良く伝わり、ボール初速が速くなり飛距離を出す事が可能になります。

 インパクトでは右手を使っても問題は有りません。
 
 長年ゴルフをやっている方は「左手でクラブを引き降ろせ!」と教わっているかも知れませんが、インパクト時に右手を使っても良いのです。

 切り返しで「タメ」が出来ていれば、そこからインパクト~フォローにかけては右手を使っても良いのです。

 「右手を使ってはマズイ」 と言うのは、

 トップからいきなり右手を使ってはマズイと言う事なのです。 
 トップからいきなり右手を使ってしまうと、タメが出来ずに、いきなりクラブヘッドが降りてきてしまうのです。

 つまりは手打ちになってしまうという事です。

 そう言った理由から、右手を使ってはいけないと言われているのですがしっかりとタメが出来ていれば、インパクト時には右手を使っても良いのです。

 そして、フォローを大きく取るようなイメージで振り抜きます。

 そうすることで、更にヘッドが加速しながらのインパクトを作りやすくなり、飛距離を伸ばす事が可能になります。
 そうすると、
 自然とフィニッシュまで振り切ることが出来るので、フィニッシュでは左足に体重が乗り、綺麗なフィニッシュを 「結果的に」取ることが出来るようになります。

 良いスイングをすれば、結果的に美しいバランスの取れたフィニッシュは取れるのです。

 無理に、カッコイイフィニッシュを取ろうとするのは無意味です。

 以上、
 カンタンに一連の流れを説明してきましたが、ボール初速を速めて飛距離を伸ばす為に必要な事は理解できたでしょうか?

次回は今までの流れをまとめて見たいと思います。

驚異のゴルフ上達法 右側にあります

倉木真二さんのブログはこちらです。

 
 悩みの解決法が書いてあるかもしれません。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ゴルフとゴルフとゴルフ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。